企業理念 identity

患者さん中心の医療の視点より

今、医療現場で求められているのは患者さんと医療従事者の方とのコミュニケーション能力の向上、病気や治療方法の関する必要な情報を患者さんのために正確に分かりやすく説明することが欠かせません。
「情けは人の為ならず」は人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分に戻ってくる、ということです。誤って、親切にするのはその人のためにならないという意に間違った解釈をしている人も多いようです。このように伝え方を間違うと全く違う意になってしまいます。医療の現場ではそれはあってはならないことです。
医薬品についても患者さんから有効性や安全性の詳しい情報を求める要望が高まってきています。
そんな状況の中、安心して治療を行えるような環境づくりに必要性の高い製品パンフレット、リーフレット、患者向け小冊子、医学模型などのコミュニケーションツールをさまざまな視点から考え、アイデアを形にしてイデアスは製薬企業さまの販売活動のお手伝いをいたします。

温故知新に学ぶデザイン力

古いものをたずね求め新しきを知る。その言葉を信念に常識に縛られない好奇心、そしてとどまることを知らない探究心。これがものづくりをする上で最も大事にしていることです。
デザインをする、つまり問題解決の手段を講じるためには、単に新しいアイデアをひねり出すばかりではなく、あらゆる切り口から入念なリサーチや緻密な思考が不可欠。
時には振り出しに戻り、人の意見に耳を傾け直すことが必要なケースもあり、謙虚な姿勢が求められます。
このように生まれる考えを医療従事者の方と患者様が納得した気持ちをデザインしたコミュニケーションツールで結びたい、そんなお役に立つイデアスでありたいと願っています。

Copyright(c) 2014 ideas-inc All Rights Reserved.